アクセスカウンタ

ターミナルタウン

プロフィール

ブログ名
ターミナルタウン
ブログ紹介
仕事をしながら、生活をしながら、
日々考えていることを書いてみます。

読んでいただいたら、ありがとうございます。
コメント頂けたら、とてもうれしいです。

書いてみてくだらないと感じつつ、
そんなもんかと思い直したり。

年を重ねるごとに
自分の中で変わらなくありつづける部分と、
変わっていく部分があると思っていますが、
それが少しでもわかればいいと、期待しています。
zoom RSS

それなりにまたスタートに

2012/02/22 12:57
20、25、30、35、と人というのは節目、要するにキリのいい数字の年齢になると一定の不安感に襲われるのではないかと考えるのは僕だけだろうか?

人それぞれに、独身だったり(僕のように)、子供がいたり、仕事が順調であったりなかったりその数字の時間を迎える状況は異なるだろうけれど、節目というのは端的に言えば、人間に「コレでいいのか?」という疑問を持たせるタイミングなんじゃないかと思う。


僕は3か月くらい前に35を迎えることとなって、その少し前からこれまでにないほど無気力な、希望のない時間を過ごしていた。もちろん最低限の日常生活をこなしながら、むしろ仕事面では人生で一番忙しいだろう時間を過ごしながらではあるものの。

5年前に30歳を迎えたときは、自分でも驚くほどに希望に満ちていて、極端にいえばあらゆる可能性が目の前に広がっているかのような感覚をもって、実際にいろいろなことにチャレンジをしたけれど、35歳というのはこれまで感じたことがないほどに希望、または可能性というものがない、絶望的な段階だった。

以前エントリーしたような気がするけれど、世の中には「35歳問題」という概念があって、それは、”可能性”の中から一つのものを選びその他を切り捨てていく人生という過程の中で、35歳という年齢は残された”可能性”の量が分水嶺を超えて極端に少なくなって感じられることで、一定のうつ状態になるような、そんな問題を指しているけれど、実際そこを通過してみたら、「なるほど確かに」と思うところがあった。

確かに人生の可能性が極めてゼロに近くなったような感覚になるのだ。


だいたい冬にはウインターブルーになるのだけど、それに加えてここ数か月は、無気力でもないけれど、先行きの見えない感覚に襲われて、まずまずの苦しい状態に陥ってしまったような気がする。


サヘル地帯の飢饉ほどではないけれど、それ相応に苦しいシーズンで、世界の片隅でもがいていたわけだけれど、今日起きてみたら、なぜだかそこを通過していた。


ふと身軽になったような、力が抜けたような。



そうしてたどり着いたのは何かというと、アホみたいな話で「自分は間違っていない」という結論で、なんだか書くのも恥ずかしい話だけれど、「これでいいんだ。やろうと思うことをやればいいんだ。」というそんなところに落ち着いた。


大したことではないけれど、結構悩んだ末に”あるべき場所”のようなところにきちんと戻って来れた気がして、それがうれしくて、久しぶりに誰も読まないブログを書いているのだけれど、ただそれだけの話。


ただ、30歳のときは、大人になりつつも20歳くらいの尖った気持ちが再び現れてくるような、少しずつ上昇しながら円を描くような、そんな感覚で戻るべきところにたどり着いた感覚があったのだけれど、今回は少し違って、まったく別の場所にたどり着いたような気持ちになっている。


さあそれが何を表すのか、楽しみながらやっていこうかな、と思います。



※サヘル地帯は、本当に気持ちが苦しくなります。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ターミナルタウン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる